度数の響きを知るとアドリブギターの表現力が上がる

ギターを演奏する時、コピーをするにしても、オリジナルのフレーズを作るにしても、そのキーにおける度数の響きを知っていると、ものすごくコピーがスムーズだったり豊かなフレーズが弾ける様になります。

私は以前度数の響きを全く意識していないときに弾いていたフレーズは、今聞いてみると曲の流れを全く無視し、自分のやりたい(技術的に弾ける)事を自分勝手に演奏しているだけみたいな感じでした。せっかくいいコード進行なのにも関わらず、上で弾いているフレーズはなんか的が外れているという様な感じになってました。今も完全に出来ているとは言いませんが・・・泣

この記事ではギターを演奏する際の度数の理解の入り口をお伝えいたします。この記事の内容をまずは押さえて、さらに先の世界へ進んでもらえたらと思います。まずは簡単な事からは始めましょう!

度数の響きを覚えると

・コピーが断然早くなる

・各度数の響きを効果的に狙ってフレーズを弾ける様になる

・曲の流れに沿うフレーズが弾ける様になる

・表現力アップ

この度数を理解し扱えるようになると、コードを自分で作り出せるようになったり、ソロを演奏する際にもバックのコード進行に対して自由に弾ける様になります。

目次

・度数の関係

・度数の違いを実際の音で理解し覚える

・各度数をイメージを何かの形にイメージする

・まとめ

度数の関係

度数の関係は下の鍵盤の様になります。今回はキーはCでお話をします。今回はあくまで入り口という事で白鍵の部分の響きの説明をしたいと思います。

慣れていくに連れて黒鍵の部分も覚えていきましょう!黒鍵まで理解が進むとかなり幅広いフレーズが弾ける様になりますよ!

今回は白鍵の話なので1,2、M3,4,5,6、M7の響きを覚えて頂きます。

例えばCメジャーコードを弾く場合は1、M3,5を弾きます。

Cメジャーセブンスだと1、M3、5、M7です。M3がm3になると暗い感じでマイナーとかさらにm7を入れるとマイナーセブンスコードといった感じです。おっと、黒鍵の話が入ってしまいました。

白鍵をマスターしたら黒鍵の響きも覚えていきましょう!

Cのコード、またはCのダイアトニック上でソロを弾く場合はこの白鍵の音で表現する形となります。

その中でどの度数の音をチョイスするかによって、響きがちがうのでそれを狙って弾ける様にしたいという事です!

度数の違いを実際の音で理解し覚える

下の動画ではC一発のコード進行の上で適当にフレーズを弾いています。

各フレーズの最後の音をCにおける3、4、5、6、7と分かりやすく伸ばして弾いてます。

Cコード上で各度数がどんな響きをするのかイメージできると思います。

ある程普度の役割を説明すると3はメジャーかマイナーを決める要素でM3なので明るい響き、4は3か1に戻りたくなるような響きをしています。5はパワーコードで使用されていると思いますが、コード自体の底上げ感があります。6は不思議な感じ、あまり伸ばすとハマらない感じ、7はオシャレっぽい感じ等・・・何かイメージをあてはめながら聞いてください。

各度数をイメージを何かの形にイメージする

上記で実際の音のイメージを自分なりに脳内で固めると良いと思います。色でも風景でも何かのキャラでも、すると頭に浮かんだ度数がすぐ引き出せ、ギターを通じて音に出すことが出来ます。

ちなみに自分は動物でキャラ付けをして覚えました。これはひとそれぞれなのでご自身で一番覚えやすいものを見つけて見て下さい。自分が行ったキャラによる分類を見て下さい。

1度・・・・ライオンです!そのコードの色を決めるリーダー!

3度・・・・キリン!この絵はちょっと怖い顔をしていますが、黄色く愉快なイメージがあるのでキリンとしました。3度はメジャー、マイナーを決める重要な度数です。ここではM3(メジャー)3度として考えてました。

4度・・・・4度は3度に行きたくなる感じです。SUS4というコードをご存じの方ならなんとなくイメージできるのではないでしょうか。また1度にも行きやすい感じなので、フットワークがいいみたいなイメージでウサギです。

5度・・・・5度はパワーコードでおなじみかと思います。あまりイメージを変えることなく1度をパワーアップさせるような音です。ライオンと同様の強いイメージです。

6度・・・・6度は自分はあまり使わないですが、ここぞという時に効果があります。テンションノートをご存じの方であればすごくオシャレに響くことは共感していただけると思います。ジャズのコードにちりばめると良い感じです。たまに出てくるので狼です。多用する方は別の動物になるかもしれません。

7度・・・・7度、これは誰が聞いてもオシャレな響きです。決めつけてはいけませんかね。M7(メジャーセブンス)でもm7(マイナーセブンス)でもどちらもオシャレです。だからオスのクジャクです!これを知ると使いまくります。この響きは覚えやすいかと思います。

あと今回キャラ付けを忘れてしまいましたが2度も忘れてはいけません!オクターブ上で弾けば9th(ナインス)となりコードになんとも言えない切なさ感が出ます!

まとめ

各度数の話をしてきましたが、なんか面倒くさいなと思われた方も多いかと思いますが、この感覚を持ってプレイし続けると音を外さなくなったりコート進行に沿った音選びができる様になります。

通勤時間にスマホで音楽を聴く際に今の音は何度かな?などと考えながら聞くと良いと思います。

皆様一緒にギター練習頑張っていきましょう!!!!